てぬぐい 鳩と桃の手触り柄

平和の象徴である鳩と邪気を払う桃。平和な世界の鍵が開きますように。

桃は昔から邪気を払うと言われています。鳩が平和の象徴なのはノアの方舟のお話の最後に、陸地の花をくわえて現れたのが鳩だったからです。





邪気を払う平和の鍵は鳩が握っているのかもしれません。
この柄は平和の鍵が早く開くように願った柄です。

江戸時代からの伝統を受け継いだ「注染(ちゅうせん)」という手法で染められています。よくよく見れば彩りと味わいが1枚ずつ異なり、手仕事の趣と奥深さを感じずにはいられません。

●デザイン…中村幸代
●素材…綿100%
●サイズ(約)…縦37×横90cm
●染め手法…注染

【ご注意】
使いはじめは色落ちがありますので、他のものとは分け、単独で洗っていただくことをおすすめします。
長時間水につけると、色がにじみでることがあります。
在庫状況 3
販売価格
1,728円(税込)
購入数