てぬぐい てんとうむしと千鳥

千ほどのたくさんの幸せを願った柄です。



千ほどの群れで波間を飛ぶことから「千鳥」。
千取りの意味合いから大漁を表す縁起の良い模様で、昔から古典柄としても広く使われてきました。

そして、てんとうむしは天に向かって飛ぶ、幸せを運ぶ神様の遣いとされています。


千鳥とてんとうむしが合わさった、たくさんのあふれる幸せを願った柄です。


左右でグレートと赤に分けられたデザインなので、広げたり、畳んだり、包んでも楽しめるてぬぐいとなっております。


江戸時代からの伝統を受け継いだ「注染(ちゅうせん)」という手法で染められています。よくよく見れば彩りと味わいが1枚ずつ異なり、手仕事の趣と奥深さを感じずにはいられません。

●デザイン…林・恵子
●素材…綿100%
●サイズ(約)…縦37×横90cm
●染め手法…注染

【ご注意】
使いはじめは色落ちがありますので、他のものとは分け、単独で洗っていただくことをおすすめします。
長時間水につけると、色がにじみでることがあります。
在庫状況 10
販売価格
1,728円(税込)
購入数