ご祝儀袋 唐草天道(フルーツティ)

半分に切ったてぬぐい(通称:半てぬ)でご祝儀袋を作りました。



お金を包む封筒を半てぬで包んでいるので、てぬぐいの包み方が分からくなるという心配もございませんし、ハンカチ代わりやランチョンマットとしてお使いいただけます。
※てぬぐいを半分に切っておりますので柄の出方が多少変わってくることがございます。予めご了承くださいますようお願い申し上げます。



てぬぐいをとめている帯は2本の水引を組み合わせており、ほどけにくいことから差し上げる方や、
結婚式の場合は新郎新婦とのご縁が末永く続きますように。という願いをこめております。



水引のモチーフとなっている梅は松と同じく古くから多用され、和を象徴する花文の1つです。

厳しい冬を乗り越え、春の到来を真っ先に告げる五弁の花に、いにしえの人々は運命が開ける兆しを重ね合わせ吉祥文として用いてきました。

お祝い事全般やあらゆるシーンでお使い頂ければ幸いです。
※水引の色合いは写真と多少変わることもございますので、ご希望の色合いがありましたらご注文の際にお申しつけください。


江戸時代からの伝統を受け継いだ「注染(ちゅうせん)」という手法で染められています。よくよく見れば彩りと味わいが1枚ずつ異なり、手仕事の趣と奥深さを感じずにはいられません。

●デザイン…林・恵子
●素材…綿100%
●サイズ(約)…34×37cm
●染め手法…注染

【ご注意】
使いはじめは色落ちがありますので、他のものとは分け、単独で洗っていただくことをおすすめします。
長時間水につけると、色がにじみでることがあります。
在庫状況 3
販売価格
1,404円(税込)
購入数